株式会社 経営共創基盤

トップページ 会社案内書籍・掲載記事 > 決定版 これがガバナンス経営だ!  ―ストーリーで学ぶ企業統治のリアル

『決定版 これがガバナンス経営だ!  ―ストーリーで学ぶ企業統治のリアル』
【著者】 冨山 和彦(パートナー/代表取締役CEO)
澤 陽男(ディレクター)
【出版社】 東洋経済新報社
【発行年月】 2015年12月
ご購入はこちらから ⇒ Amazon
アベノミクス成長戦略「新3本の矢」といわれるスチュワードシップ ・ コード、伊藤レポート、コーポレートガバナンス ・ コードが揃い、
ガバナンス改革元年といわれた2015年。日本企業の「稼ぐ力」を復活させるための新和魂洋才経営の創造とは、新たなる日本型
ガバナンスモデルの創造でもあります。
本書では、前半部で実質論、経営論としてのガバナンスのあり方を体系的に解説し、後半部では両筆者の豊富な知見をベースに、
ストーリー仕立てでガバナンス経営を実践するための論点についてリアルな視点で説明し、そのガイドラインを提示しています。
画期的なガバナンス指南書です。


内容紹介

はじめに あなたはガバナンスを「経営」できますか?
第一部 ガバナンス経営のWhy? What? How?
第1章 : Why? ― なぜガバナンス経営が叫ばれているのか?
第2章 : What? ― 日本の目指すコーポレートガバナンスとは何か?
第3章 : How? ― どうやってガバナンス経営を実践するのか?

第二部 ストーリーで学ぶリアルガバナンス経営
第4章 : 社外取締役選任まで ― 導入編
第5章 : 内部ガバナンス ― 取締役会編
第6章 : 外部ガバナンス ― 株主とステークホルダー
第7章 : グループ子会社のガバナンス ― 特に海外子会社の場合
最終章 : 終わりのない改革に向けて ― コーポレートガバナンス・コードは始まりにすぎない