株式会社 経営共創基盤

トップページ 経営支援支援テーマ > 事業立て直し

IGPIは再生局面にある企業に対して、事業と財務の両面から、実現性の高い事業再生計画を立案し、その実行・モニタリングまでをサポートすることで、企業の再生を支援します。また、IGPIは事業スポンサーとして出資を行い、中長期的なリスクを共有しながら、ハンズオン(常駐協業型)で企業の再生をサポートすることも可能です。
戦略子会社のテコ入れのテーマは、グループ全体にわたる事業ポートフォリオの見直し、グループ内外との連携の強化、子会社ガバナンスやグループ企業マネジメントのあり方等、様々です。
こうしたテーマに対して、最適かつ現実的な解を導出するためには、以下3点を紐解いて戦略子会社の大きな方針を見定め、各ステークホルダーの考えの違いを理解し、綿密な実行計画を立て、一つの同じゴールに向けて動かしていく必要があります。

1. 戦略子会社が担う事業の位置づけや優位性基盤を見極めること(事業面)

2. 事業の持続的成長のための資金規模やリスク要素を解明すること(財務面)

3. 外部企業との連携を含め、ガバナンスや組織運営のあるべき姿を描き出すこと(組織面)


IGPIには、大株主、経営者、改革実行当事者としてだけでなく、親会社側、子会社側で経営改革を推進してきた実績と経験が豊富にあります。こうしたプロフェッショナルが、事業・財務・組織にまたがる知見を活用し、戦略子会社の改革の道筋を明らかにするとともに、状況によっては役員派遣も含めて、複雑に絡んだステークホルダーの考えの違いを紐解きながら、その実現に向けて多面的・実効的なサポートをしています。

重要ドメインにフォーカスした事業戦略策定と、親会社・複数子会社間の事業再編プラン策定・統合支援

上場子会社の成長ストーリー導出と完全子会社化に向けた実行プランの策定

戦略子会社のガバナンス・マネジメントのあるべき姿とアクションプラン明確化、IGPIからの役員派遣

事業計画は、ルーチンワークの一環として策定されるべきものではありません。
抜本的な見直しを毎年繰り返す必要はありませんが、現在の方針や計画が、外部環境変化や内部資源、強みに適応しているか、持続的な競争優位を築ける指針なのか等が明確である必要があります。
また、長期・持続的な企業価値の拡大に向けた企業固有の戦略体系が見極められ、PDCAを廻せる道具となっていることが極めて重要です。

IGPIは、経営者あるいは変革推進者として企業経営に関与し、多様な立ち位置で企業を支援してきており、組織力学やステークホルダー調整等に関しても、経験に裏打ちされた深い理解を有しています。
そうした経験や理解を前提に、財務のプロフェッショナルによる数値モデルに事業戦略のプロフェッショナルによる洞察を加えた、真に使える道具としての中長期戦略、中期経営計画をクライアントともに策定します。また、戦略や計画にはいかにPDCAを廻す仕組み作りが重要であるかを現実に経験しており、当該仕組作りにも精通しています。

事業・財務・組織面を連動させた全社戦略の刷新と中期計画の策定とPDCAの仕組みの構築

5年後の競争構図(エンドゲーム)を見据えた中長期事業戦略策定と全社計画(他社連携含)への落とし込み

取引金融機関の支援取り付けに際する中期事業戦略立案と金融機関との折衝支援

M&Aはあくまで経営戦略のオプションの一つであり、M&Aの検討においては、M&A以外のオプションも念頭にいれつつ、刻々と変わる状況変化に対応し、意思決定を行っていく必要があります。

IGPIは豊富なM&Aの知見を持つスタッフが、クライアント企業に常駐し、全社経営戦略とM&A戦略の整合を図り、日々の状況変化にスピーディーに対応し、M&Aの実行をサポートします。

中堅メディアコンテンツ制作会社の資本政策立案及び実行支援

上場子会社に対する経営支援によるバリューアップ及び当該子会社の売却アドバイザリー

総合商社による法的整理中の企業に対する買収案件にかかるアドバイザリー

IGPIがクライアントに対してプロフェッショナル・サービスを提供する中で、事業の再生や成長に向けて、資金ニーズが明確になるケースがあります。IGPIはそれらの再生を目指す企業や、再成長のためにMBOを検討されている企業、事業承継に際して株式売却を希望されている企業、ベンチャー企業等、様々なステージの企業に対して自己投資を行います。必要に応じてIGPI自らがファンドを組成することで、比較的大きな規模の資金ニーズに応えることも可能です。

ぴあ株式会社

株式会社池貝

KKBOX Inc.

株式会社エクスビジョン

Noxilizer, Inc.

株式会社KPIソリューションズ

北京ぴあ希肯国際文化発展有限公司

株式会社ユニフィニティー

株式会社大泉製作所

nCore Communications, Inc.

株式会社SPOT

株式会社ipoca

岡本硝子株式会社

オスカーテクノロジー株式会社