株式会社 経営共創基盤

トップページ 経営支援支援テーマ > 新規事業創出

IGPIは新規事業の創出に向けた事業戦略の立案からその立ち上げをハンズオン(常駐協業型)で支援します。また、スタートアップ企業に対する出資を行い、資金面でのサポートを行うことも可能です。
新規事業開発は、計画段階と実行段階の二段階で実施します。計画段階では、事業計画の「筋の良さ」が重要です。すなわち、

1. 製品・サービスがターゲット顧客を捉えられるか

2. 儲ける仕組みがしっかりと作り込めるか、

3. 持続的競争優位が構築できるか

これらの問いへの答えが、ビジネスプランの中に明確に存在している必要があります。
事業化段階では、担当者は、顧客やチャネル基盤、オペレーション基盤、会社組織基盤を、相互に整合性をとりながら同時に作っていくことが求められます。

IGPIでは、多様な業種に対する幅広い知見と経験を有するスタッフが、組織に蓄積された知見も融合させつつ、コンセプト策定から事業立ち上げの実務までを、クライアントの皆様とともに一貫して実施します。

国外事業機会探索とM&Aを見据えた参入プランの策定

大手上場企業のシーズ技術をベースにした事業開発優先順位づけと基本指針策定および実行支援

革新的な技術ベースの新規事業開発の支援(戦略策定、会社インフラ・財務基盤整備、他社提携等)

「グローバル経済の成長を如何に取り込むか」は、多くの日本企業にとって最重要かつ喫緊の経営課題であると言えます。特に成長著しい新興市場においては、数多くの多国籍企業が鎬を削っている状況です。そうした市場でのポジション確立を目指すのであれば、自己の競争優位性を再定義し、各国各地域のリアルな実態を把握し、各市場に応じた最適な事業戦略・財務戦略を、緻密かつ大胆に実行することが必要となります。

IGPIは、新規事業開発、事業構造改革、事業再生等に関連し、主としてアジア進出支援に携わってきました。全社でのアジア展開の位置づけや優位性基盤評価を踏まえ、中期視野での戦略を提示するだけでなく、多くの企業が課題を持つ戦略の実行実務も支援しています。また、アジアの現地パートナーと連携したM&Aアドバイスは勿論、弊社の自己投資機能と組み合わせてクライアントとの共同投資プロジェクトを推進することも可能です。

中華圏企業との連携強化を含む事業展開プランの策定と本格立ち上げの支援

大手メーカーの東南アジア・インド市場への進出ロードマップ策定支援

中華圏インターネット関連事業の事業・財務・組織戦略立案及び実行支援

自社にとって真に成功するM&Aを行うには、全社経営戦略とM&A戦略の一貫性が必要不可欠です。経営戦略とM&Aの現場の方針に乖離があれば、本来行うべきでないM&Aまでもが実行され、結果的に企業価値を棄損しかねません。

IGPIは戦略立案のプロフェッショナルとM&Aのプロフェッショナルがチームを組み、全社経営戦略の立案から個別取引の支援まで、戦略的なM&Aに必要とされる一連のサポートをワンストップで提供します。

上場大手メディア会社向け事業戦略立案及び、事業戦略パートナーからの第三者割当増資の実行支援

IT企業向け経営戦略立案及び会社分割のアドバイザリー

上場会社向け事業再生計画立案及び資本増強のためのデットエクイティスワップのアドバイザリー

IGPIは事業パートナーとして、必要に応じ企業もしくは事業への共同投資を行い、リスクを共有する立場から成長・再生をサポートいたします。共同投資実行後はIGPIの経営人材を派遣し、経営管理体制の構築や事業計画立案等、事業価値向上に向けた経営支援を行います。

株式会社池貝

KKBOX Inc.

株式会社エクスビジョン

Noxilizer, Inc.

株式会社KPIソリューションズ

北京ぴあ希肯国際文化発展有限公司

株式会社ユニフィニティー

nCore Communications, Inc.

株式会社SPOT

株式会社ipoca

岡本硝子株式会社

オスカーテクノロジー株式会社